中小の消費者金融の特徴

中小の消費者金融の特徴

消費者金融というと、テレビのCMなどでもよく目にすることができ、キャッシングを行う金融会社としては最もポピュラーなものとなっています。しかし、テレビのCMなどでよく目にする消費者金融は、どれも大手の会社ばかりとなっています。実際のところ消費者金融とは、大手のものが一部で、そのほかの多くは中小の消費者金融で成り立っています。同じ消費者金融であっても、大手と中小ではその特徴に差異があります。

審査が簡単なことが多い

中小消費者金融の利点の一つとして、審査が甘いことが多いという点があります。もちろん最低限の審査を行うことになりますが、大手消費者金融と比べると審査が甘めな傾向にあります。特に一部会社によっては、ブラックリスト入りしていても借り入れできるというところもあります。中小消費者金融での借り入れは、多重債務に陥っているものの、どうしてもお金が必要という際にも使えるというメリットがあるのです。またこの特徴から、できるだけ早くお金を融資してほしいという場合にも利便性があります。

高金利、低い限度額がネック

中小消費者金融には、デメリットもあります。大手ほど経営面に余裕が無いので、金利がホワイトぎりぎりのラインに設定されていることが多く、限度額も数十万円に収まることも少なくありません。ですので、可能ならば大手金融でキャッシングを行ったほうが得です。審査の甘さなどのメリットと天秤にかけて利用していくことが必要となるでしょう。

悪徳金融に注意

中小の消費者金融の中には、良い会社もあれば悪徳金融と呼ばれる会社もあります。当然、注意すべきは悪徳金融で、万が一利用してしまうと金銭以外にも被害を被ってしまうことがあります。事業者登録している消費者金融であっても、悪徳なものは少なくないので、契約する前にはサービスについてよく確認しておく必要があります。大手であれ中小であれ、キャッシングにはリスクを伴うものなので、細心の注意を払ってリスク回避に努めましょう。