銀行カードローンの特徴

銀行カードローンの特徴

大口でのキャッシングを行うといった方のなかには、銀行カードローンを使っているという方も多いのではないでしょうか。消費者金融系でのキャッシングと比べると、なんだか利用しにくいイメージのある銀行カードローンですが、実際にはかなり便利なキャッシングサービスだといえます。キャッシングする内容によっては、消費者金融でのキャッシングより使いやすく、負担も少なくなりやすい傾向にあります。

大口でのキャッシングに嬉しい低金利

グレーゾーン金利の撤廃によって、消費者金融でも低金利が実現した昨今ですが、それでも基本的に10パーセント以上の金利が掛かってしまい、大口でのキャッシングにおける大きな負担となってしまいます。大口でのキャッシングとなるほど、金利には注意が必要となってきます。銀行カードローンの場合、消費者金融よりもさらに金利が低く、サービスによっては金利が10パーセント以下というところも少なくありません。このため、大口のキャッシングを低負担で行いたい場合には、銀行カードローンは大変便利なものとなっています。

総量規制の対象外

大口でのキャッシングを行う際に障害となるのが、総量規制です。総量規制とは、キャッシングできる金額を、年収の3分の1以内に収めなければならないという決まりです。これにより、年収が低いと多くの融資は受けられなくなってしまいます。実は銀行カードローンは、この総量規制の対象外となっています。ですので、利用者に返済能力があると認めてもらえれば、総量規制を超えたキャッシングが可能となるのです。

信頼度が高い

キャッシングはお金の貸し借りですから、安全性や信頼度を最優先に考えるという方も多いことでしょう。銀行カードローンなら銀行直営ですので、多くのキャッシングサービスの中でも信頼度が高いです。このように銀行カードローンは、大口のキャッシングを低金利で、かつ高い信頼性を以って利用したいという場合にピッタリです。