融資可能額で比較

融資可能額で比較

キャッシングを行う方の多くは小口での融資を受けることが多いですが、もちろん数百万の大口での融資を受けるケースもあります。車の購入や事業資金、住宅購入や医療費の工面など、大口でのキャッシングが必要となる場面は多いです。

大口でのキャッシングを受けたいという場合には、キャッシング会社を選ぶ際に「融資可能額」についてチェックするようにしましょう。融資可能額とは、そのキャッシング会社が幾らまでの融資に対応しているかということです。融資可能額が高ければ高いほど、多額の借り入れができるようになります。もちろん、複数の会社から小口のキャッシングをするという方法もありますが、それだと手続きなどが面倒です。ですから、できるだけ多くの融資が受けられるキャッシング会社を選ぶ必要があります。

総量規制について

大口でのキャシングを行う際に注意したい事柄に「総量規制」というものがあります。総量規制とは「借入額は原則として年収の3分の1以内に収める」という規制のことです。例えば、年収が300万円の場合には、最大100万円までしか借入できないということになります。

高額の借り入れによるトラブルや実現可能な返済のために施行された総量規制ですが、場合によっては利用者への障害となってしまいます。車や家を購入する際や、高度医療を受けるための資金を集めたいという際には、多くの資金が必要となるので、必要な金額が年収の3分の1を簡単に超えてしまいます。

そこで、総量規制には「除外」と「例外」というものが定められています。除外とは、総量規制に含まれない借り入れのことで、不動産や車、医療費関連のキャッシングに対応しています。次に例外とは、総量規制に含まれる借入ながら、利用者の返済能力を確認したうえで、総量規制を超えてキャッシングが可能となるというものです。社会通念上必要な緊急の融資や、個人事業主への融資、配偶者との合計年収での総量規制における借入などに対応しています。