金利で比較

金利で比較

キャッシングを比べる際に最も注目するポイントとしては、やはり金利を置いて他にないでしょう。キャッシングは、お金を借りたら借りた分だけ返せば良いという訳ではありません。返済時には、借りた金額に利息金を上乗せして支払う必要があります。

利息金は返済が遅れるほど増えていくのですが、この利息を決定するのが金利になります。特に大口のキャッシングを行うという際には、金利が少し違うだけでも返済額に大きな違いが出てきてしまいます。また、そんなに多額のキャッシングをしなくても、利用回数が多かったり、経済状況に余裕が無い時には、金利は大きな懸念事項となります。金利一つで効率よくキャッシングを運用できるか決まってくるので、キャッシング会社の比較を行う際には、金利と借入金を確認し、余裕のある返済計画を立てておきたいものです。

利息金の計算方法

さて、金利によって利息金が決まるという話はしましたが、計算方法はどのようになっているのでしょうか。主な利息金の計算方法は、一括返済の場合は次のようになります。
「金利」×「キャッシングで借りた金額」÷「365日」×「借りてからの日数」=「利息」(金利は実質年率)
この計算式を使って利息を計算すれば、キャッシングの際にも返済計画を出しやすいでしょう。では、実際に例を使って計算してみましょう。例えば、金利20パーセントのキャッシング会社で20万円借り、返済に60日かかったとします。その場合、利息は次のようになります。
「0,20」×「200000」÷「365」×「60」=「約6575円」
つまり、一括返済時には206.575円支払うことになります。

最近は低金利キャッシングが人気

利用者の関心が高いためか、最近ではかなり低金利でのキャッシングを行っている会社もあります。また、短期間で小口のキャッシングなら、金利ゼロというサービスを展開している会社もあります。キャッシングの負担をなるべく少なくしたいという方は、これらのサービスを利用してみましょう。